アクアグルーがドライフラワーやリース、アロマストーンにもおすすめ

石膏アロマ

ドライフラワーやリース、石膏アロマの接着に使用

ドライフラワーを造った時も、石膏アロマで花材をつけた時も今までは100円均一で売ってたボンドを使ってました。

他にも グルーガン、木工ボンドも試してみましたが、グルーガンは糸を引きまくるし触ったら熱くてやけどします。それに木工ボンドはなかなか接着しないのでイライラするばかり。

近くの手芸店で、石膏アロマの花材の接着ボンドは何を使っているか聞いたら、レジン液を使ってLEDランプで硬化させてるとのこと。

すぐにくっつくのでそれでも良かったのですが、LEDランプの中に手を入れて花材を押さえてないとつきにくいし、乾燥後のレジン跡の見栄えがちょっと汚くなりがちでした。

ある時、専用のボンドがあると知ましたが、近くの手芸店では売ってなかったし、ネットでは買えましたがレジンもあるしボンドもあったので急いで買うことはしませんでした。

この前ABCクラフトでたまたまアクアグルーを見つけたので、試しに購入して使ってみました。

アクアグルー
アクアグルー

すでに使ったので、本体がへこんでますが、なかなか良かったです。

先端に細いノズルがついてます(6mlと20ml)ので、細かい作業に適しています。

アクアグルーとボンド、レジンとの比較

完成した作品はこちら

石膏アロマ
石膏アロマ

普通のボンドもくっつきますが、アクアグルーのほうが早いです。

接着の速さ

  1. グルーガン
  2. アクアグルー
  3. レジンとランプ
  4. ボンド

グルーガンはすぐに接着できますが、小さな花を扱うような細かい作業には不向きですね。べったりと接着剤が出てしまいます。

アクアグルーは、爪楊枝を使ってました。

アクアグルーに直接触れないように、少し離れた位置で花材を軽く押して15秒~ほどで接着します

レジンランプは30秒が最小単位ですが、いちいちランプに手を入れて抑えてたのでそれが不便です。(接着時間はもう少し早いかも)

ボンドは、30秒ほど動かさないようにして押さえてました。アクアグルーのほうが時間も早いし、手間もかかりません。

扱いやすさ

  1. アクアグルー
  2. レジンランプ
  3. ボンド
  4. グルーガン

アクアグルーは糸もそんなに引かないし、ボンドの先が細く作業がやりやすいです。

レジンはいちいちランプに入れて作業するので、位置が少し動いたりすることもある。

レジンランプ
レジンランプ

ボンドは臭いがきつく、糸も引くので使い続けるのは扱いにくい。先が太いとたくさん使ってしまう。

グルーガンは臭いはないですが、熱いのですぐ触ったらやけどします。私もなんど悲鳴をあげたことか。

出来上がりを比較

  1. アクアグルー
  2. レジンランプ
  3. ボンド
  4. グルーガン

私だけかもしれませんが、ボンドは時間がかかるのでたくさん量を使ってしまうし、レジンランプは花が浮くと接着しないので、これまた少し多めにレジン液を使ってしまいます。

というわけで完成した作品の隙間から、余計なレジン液やボンドのかたまりが見えて汚かったです。テカリが光って見えるので目立って汚い。

それに比べると、アクアグルーのほうが早くかたまるので少量の液で済みます。さらに爪楊枝で少し離れた場所を押さえてたらいいし、糸を引く事も少ないので、完成した作品を見ても余計な接着材の跡がなくてきれいに見えます。

写真ではわかりにくいですが、グルーガンやボンドで作った作品は液があちこちについて汚かったです。

テカリを防ぐ方法

ちなみにある作品を拝見したところ、石膏の表面をレジン液で覆ってました。石膏が固まった状態のところで表面だけレジン液で硬化させておくのです。

石膏アロマ
石膏アロマ

石膏アロマの表面だけをレジン液で覆って硬化したおくと、あとから余計なところに残ったテカリも隠せてまったくわからなくなります。

花材をおいた完成品を見ると、すごくきれいでした。ただレジン液がもったいないような気もしますが・・・

注意

エッセンシャルオイルやフレグランスオイルを裏にふりかけるので、 レジンで硬化するのは表側だけにしましょう。

レジン液で硬化することで強度も増して、とてもきれいになるので販売するならひと手間やったほうがいいかもしれないなーって思います。

アクアグルーの種類

アクアグルーには6mlタイプ、20mlタイプ、50mlタイプがあります。

6mlタイプは少量ですがノズルが細く長いし小分けになってるので細かい作業向きです。

20mlもノズルが細いのでちょうどいいです。

50mlは細いノズルがついてないですがリースなどたくさん使う場合は便利です。

リース
リース

用途によって使い分けるといいですね。

以前はリースもグルーガンで作ってましたが、何度もやけどしそうになりました。グルーガンは200円で安いけど、ベタベタになるし出来上がりも汚いです。もう少し上等なグルーガンなら別かもしれませんが。

アクアグルーはこちらで売っていました。

まとめ

接着までの時間が早くて、きれいに仕上がるのはアクアグルーでした。使う量も少量でいいので、コスパ的にもおすすめです。

石膏アロマで花材の装飾するのであれば、最初に表面だけレジン液で硬化させると完成度が高くなります。

その場合裏側にアロマオイルをつけてくださいね。

気づいてたのに、他のものばかり試してたのでもっと早く使えばよかったとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です